赤ら顔の原因

赤ら顔になってしまう原因は!

赤ら顔に効く方法、化粧水

赤ら顔は、頬や鼻などが赤く目立つ状態になるわけですが、どうしてこのような赤ら顔が引き起こされてしまうのでしょう?

赤ら顔になる原因にはどのようなものがあるのか?

 

一般に赤ら顔になる原因として、もともと皮膚が薄く、毛細血管が赤く見えてしまう、菲薄化とかビニール肌なんていうみたいですが、それが原因とされることが多いです。

 

また、温度変化が激しい地域だと毛細血管の拡張・伸縮が頻繁に繰り返されることによって毛細血管が拡張した状態になって赤ら顔になってしまうということもあるようです。

 

あとは、ニキビとかニキビ跡の炎症とか赤みがそのまま残ってしまうというケースもあります。

 

 

では、それらの赤ら顔の原因を解消するにはどうすればいいのか?

 

一番の方法は、やはりスキンケアになります。
スキンケアで、もし赤みとともに炎症を引き起こしているようであれば、まず炎症を抑えるようにします。
そして、お肌が薄いとお肌のバリア機能も弱くなってしまうので、お肌内部の水分が蒸発しやすくなって、余計に赤らんで見えるようになりますから、保湿力に優れた化粧水などで、しっかり水分、有効成分をお肌に与えて、お肌が乾燥しないようにしていくことが大事になってきます!

 

お肌の保湿には、クリームなどで蓋をする!という考え方もあるのですが、蓋をすることで余計にお肌に負担がかかるケースもあるので、自分にあったものを見つけて使うようにしたいですね!